薬を飲もうとしている女性
鼻をかんでいる女性と花粉と蜂
マスクをかける女性
花粉と蜂蜜

アレルギーと一言でことで言っても数多くの種類があります。皮膚に発症するものはアトピー性皮膚炎と呼ばれ、かゆみを伴う症状を発症します。呼吸器に発症すると気管支喘息になります。気道が狭くなることで苦しい思いをします。

花粉やハウスダスト、大気汚染などによって鼻や目などに症状が出るのがアレルギー性鼻炎です。アレルゲンによって食物、金属、薬物などのアレルギーも存在します。そして最も注意しなければいけないのがアナフィラキシーショックです。

アレルギーは突然出ます

アレルギーは生まれてからずっと発症するわけではなく、ある日突然症状が現れます。そのきっかけはいろいろです。それまで気にしたいなかった花粉やハウスダストに反応するようになったり、食べてもなんともなかった食物で口の中がかゆくなることもあります。朝起きてみたら皮膚がかゆくてしようがない日々が続いて、気がついたらアトピー性皮膚炎になっていることも否定できません。

アレルギーは免疫機能の過剰な反応によって引き起こされます。通常では問題のないものに対して、異物と判断した免疫システムが排除するために動き出します。異物であるから体外に出さなければいけないとくしゃみや鼻水を出したり、蕁麻疹などで皮膚の表面に追いやったりすることで体の奥に侵入しないようにしているわけです。

何を異物として考えているかは、血液検査をしないとわかりません。アレルギー反応が出ているものは血液中に抗体があるはずで、血液検査でアレルギーがあるか調べることによって、それの種類を調べることで特定することが可能です。あとは結果として反応が出たアレルゲンを避けるようにして生活するしかありません。一度発症してしまうとなかなか改善することは難しく、治療も対処療法に頼っています。最近では舌下療法などによって、根治するケースもありますが、まだまだ全てのアレルギー適用できる状態ではありません。

全てのアレルギーはアレルゲンが原因です。それを血液検査などで特定して排除することしか改善することができません。特に食物アレルギーの場合は、素材そのものかそれに使われている調味料や出汁なども関わってくるため判別は難しいことがあります。また、食べた時にしか反応が出ないため、後からではわからないと言うのが現状です。最悪の場合は、もう一度食べてみて反応を出すことから始めなければいけません。

その際に重要なことはアナフィラキシーショックは危険と言うことを理解しておくことです。アナフィラキシーショックは突然、また急に発症して、短時間で危険な状態になります。発症後はアドレナリン自己注射をしないと間に合わないことがあります。注射と言っても血管に刺す必要はなく、筋肉に直接打ち込むことで十分です。気になるアレルゲンがある場合にはアドレナリン自己注射を処方してもらう必要があります。

環境の変化によってもアレルギーは出る

アレルギーに悩んでいる人は年々増えています。それは環境の変化によるものと考えられています。一言で環境と言っても食生活や住生活などのさまざまな生活環境の変化が影響していると言えます。

日本人は食生活は近年になって大きく変わりました。和食の文化から洋食などの多様性が見られるようになりました。今まで見たこともないような食材を食べるようになり、量も増加しています。暴飲暴食が生活習慣を見出し、体調管理が難しくなります。

住環境も大きく変わりました。道路は整備されて土ではなくアスファルトになり、表面の物質を吸収することなく巻き上げます。気温も上昇し、多くのものが飛散するようになりました。部屋もきれいに掃除されて埃などを感じることはありません。空気中の微粒子は清浄機によって排除されて常にきれいな状態を維持できるようになっています。

これらの環境の変化は、人間の体を弱体化して少しの違いも異物として捉えるようなことになっています。そしてそれはさらに激化して、よりクリーンな環境を作り出そうとしてます。

屋外で遊ぶことが減った子供達は、体力が低下し、ちょっとしたことでも体が耐えられなくなって来ています。そのため免疫システムが過剰に反応するようになってきたことが問題です。このままでは、より多くの症状を発症するようになり、それを防ぐためによりクリーンな状態を作り出すことになります。自然とともに暮らしている人種には、このような症状は少なく、近代化した生活が影響していることを示唆してます。

免疫システムを正常に維持するために特に重要なことは、ストレスをためないことです。仕事のスピードが高速化して一人にかかる負担が大きくなることでストレスはますます大きくなる一方です。定期的に体を動かし、リフレッシュできることが求められますが、食べることやアルコール飲むことでストレス発散していると体調を崩す原因にもなります。

花粉症などの発症を抑えるためには、規則正しい生活と食事を取ることです。生活環境を健全に保つことで多くの疾患を予防することができます。そして、健康的な生活を続けることができればストレスを感じることが少なくすることが可能です。